07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

SERA WORKS

マンガ制作ユニットです

INFORMATION


『 崩壊世紀 JOXER 』(ほうかいせいき ジョーカー)
単行本全3巻が、講談社少年マガジンコミックスより発売中!!

※感想のTwitterハッシュタグは→ #崩壊世紀 です。


(注意)
当サイト内の文章・イラストなどの無断転載を禁じます。
当サイトからリンクを貼っていない媒体(サイト等)への著作物の委託は行っておりません。



くろねこちゃんとベージュねこちゃん  

谷賢一さん主催の演劇集団
DULL-COLORED POPの新作
『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』
小竹向原のアトリエ春風舎にて、作画担当さんと観てきました。

可愛いタイトルとキュートな猫ちゃん役者さんズに導かれ、
平凡な家庭の傷を抉られる平成ポップな戦う会話劇。約100分。

ざっくりあらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真面目に税理士として働いて来た父が突然事故で亡くなる。
残された母・専業主婦のよし子(61才)。
父の死によって久しぶりに実家で集まる息子(&嫁)、娘。
心のバランスを崩した母をとりまく幻の猫たち。
しかし、父の残した遺言状が見つかって・・・?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を追う息子に、家業を継いで欲しいと願う母。
仕事をしたがる娘に、思いやりの心を求める母。
「お母さんはね、あなたのことが心配なのよ・・・」

”ふつうのお母さん”って、怖くてタチが悪くて悲しくて愛おしい。
「夢を仕事にできるわけないでしょ!」とか
「つらいことをやり続けるのが仕事なのよ」とか
「女は家庭に入って、旦那様を支えなきゃダメよ」とか
出るわ出るわ。”お母さん”あるある名言集。


「普通」とか「家」とか「親」とかについて
考えたことのある方、悩んでいる方には、ドスン!と重く、
ズシズシしみる舞台です。かえってスッキリするかも?


*これから、新潟・仙台・京都・大阪・広島・東京(凱旋公演)と
 全国を回って公演があるそうですので、演劇初心者の方にも
 通の方にもオススメします!!

 
濃い感想は、続きにて。
(物語の核心ネタバレはしていません)


開演前の舞台で猫役者さんたちがお茶会をやっていて、
お客は紅茶がもらえるという趣向がありました。
勇気を出して猫からお茶をもらい、ちょっと舞台に座り込んで
すすっていたら、谷さんと話ができました。
空から振ってきた猫二代目の名は・・・!みたいな話。

え~~劇中で非常に多発される「お茶を飲む?」というセリフ。
あのお茶、飲んじゃったよ・・・・と何度も思いつつ観劇するのは
珍しい体験でした、と記しておこう。




”お母さん”を逞しい男性役者が演じる絶妙さはダルカラっぽい。
観ているうちに、本当におばさんに見えてくるから凄い。
”お父さん”が、本当にいい形で収まってて・・・痛々しくて
目が離せなかった。

母のゴーストもしくはスタンド的に駆け回る妄想猫たちが、
シリアスとポップを行き来して場面場面を引き締める。
メリハリ感と妄想と現実の線引きが、完全に計算され指揮された
魔術師の仕事だとダルカラの舞台を観るたびに思う。


身近なテーマだけに、舞台の進行と共にお客さん達の
ぷちトラウマに引っかかる気配が客席に充満してゆく異様さ。
もうやめてくれ!! 
という心の叫びが波のように聞こえた気がした。

息詰まるクライマックスで泣く、泣く、泣く・・・。
客席のかなりの数が泣いていた。私も作画さんも泣いた。
あのベンケイに救われたのは、実は観客だったのだ。


そして、舞台が終わった後には
生まれ育った家を違う目で見ている自分に気がつく。
観た人それぞれが、家庭の数だけ何かを思う。

『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』は、
感情から切り離して語ることが難しい舞台です。
人間である限り、母から生まれてこない者はない。

誰の記憶にもある、様々な痛みが蘇ってきて
冷静に客観視することができない。

グレートマザーという名のモンスター。
それは根源であり愛であり癒しでありながら・・・・
全てを呑み込む闇の子宮。




・・・ちなみに、うちの母は、よし子さんとは真逆です。
うちは普通じゃなかったけど、感謝していますよ。お母さん!
関連記事

category: 感想系

cm --    tb --    page top

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

Twitter(公式)

検索フォーム